声素材作成日記

INA85_recyoukonndensam.jpg

今回から数回にわたり、作るのがあまりに大変だった声素材について書いていこうと思います。公開したのは去年の10月ですが、気づけば、プロジェクト開始から半年、いや一年近くが経過していました。

効果音ラボは開設して2年半になりますが、声素材は開設1年の時点で作ることを考えていました。しかし、他人の声をフリー素材として配布するには著作権の問題が生じることや、お金がかかること、声優とのメールでのやり取りにもかなりの時間を要するであろうことなどを理由に見送っていました。

しかし、2014年からのサイトの人気が予想以上に向上したため、以降は積極的に投資やコンテンツ追加を行い国内最強のフリー効果音ライブラリを目指す方針にしています。PCMレコーダーの買い替え(ソニーとオリンパスのプラッグシップ機を購入)とプロ用音声編集ソフトの購入をしたのもその一環です。それに合わせて声素材も作成する運びとなりました。

声素材プロジェクトは、まず「録った声をフリー素材として配布OKな声優」を探すことから始まりました。できればプロ声優に依頼したいところですが、声優の事務所はフリー素材化など許してくれないはずです。そうなると、必然的にフリーランスの声優を探すことになります。

探し方は、募集サイトを利用して募ることも考えていましたが、演技力の低い人ばかり集まってしまう可能性があるため、ネットの中から自分で探すことにしました。声優のサイトを見て、声質や演技力をチェックします。さらに、仕事として頼むので、信頼できる人物かも確かめるというように自分の中で条件を付け、ひたすら探していくという選考作業です。その甲斐あって、高い演技力を持つ方々を起用することができました。
※ちなみに、私も参加しようとも考えましたが、レコーディング技術はともかく、演技に関しては素人もいいところです。このため、スタジオ録音は一応してみたものの、今のところ公開予定はありません。

現在、YahooやGoogleで「声素材」と検索すると当サイトが1位にひっかかるようになりました。これも声優の方々のおかげです。声素材は趣味ではなく仕事として作った、フリー声素材としてはトップレベルのクオリティの素材ですので、ぜひご活用ください。次回は、もう少し声優のことをクローズアップして書いていきます。

この記事へのコメント